So-net無料ブログ作成

1月の出来事

1月は横浜へ

「あいつとは二度とやらない。絶対生きているうちはない!」
と、言っていたのに、あっさりとリユニオンしたあのバンドのライブに出かけました。

久々に大きな音を聞いて、ストレスもすっ飛びました(#^.^#)

その4日後に、今シーズン初「野沢温泉スキー場」へ

1月30日AM8時30分
野沢温泉スキー場日帰り専用駐車場は土砂降りの雨☂
ここに来くると下界はいつも雨☂・・

荷物を出しリフト券を買って、リフト一本目長坂ゲレンデ。

手袋やゴーグルがかなり雨にやられてしまった・・・防水スプレーもっとしておけばよかった。

IMG_20170130_140147.jpg

ゴンドラ途中から雨は小雪に変わったけれど視界不良。
やまびこ方面はホワイトアウト
小毛無・パラダイスで滑って、林道を下り、日影。

この繰り返し、この日はとうとう大好きなやまびこゲレは一度も滑らずに撤退。

滑り終えて、「真湯」に入ります。ラッキー、だれもいないよ。

IMG_20170130_151039.jpgIMG_20170130_145743.jpg

それから今日の宿、蓼科へ移動。
夫は一般道をいくつもの峠越えして車を走らせます。
ずっと雪が降っていて、菅平からは吹雪でした。雪道走行が好きなのだとか・・・

宿でゆっくり。しんしんと雪の降る夜でした。

「明日はきっと雪質がよいかな。」

朝、目が覚めて外に出てみると、寒くて、もうびっくりだよ。
たぶん氷点下10度くらい。
今日はピラタススノーリゾートへ行こうかと思っていましたが、辞めました。
寒すぎてめげました。

夫には「根性ないね。せっかく来たのに・・・」と、でも何を言われても、
今日は辞めます。寒すぎる。

そしてゆっくり諏訪で観光することにしました。

諏訪大社春宮

IMG_20170131_105137.jpg

夏にはこの川でちびっこたちが泳いでいたね。

IMG_20170131_105710.jpg

万治の石仏
IMG_20170131_110033.jpg

昔この石仏を使い春宮の鳥居を作ろうと、鑿を入れたところ、
血を流した。祟りを恐れて、ほかの石を使うことにして、この石仏を残すことになったそうな。

お参りの仕方は
正面を見て一礼、手を合わせる
『よろずおさまりますように』
時計回りに石仏を3回回ります。心で願いを唱えます。
そして一礼
『よろずおさまりますように』


駐車場へと戻る途中、娘さんがすっと狭い道に入って行くので、ふと見ると、

IMG_20170131_110949.jpgIMG_20170131_111036.jpg

そこには何かお店があります。
パン屋さんです。小さなパン屋さん。
名前は”pain moji”


私も6種類のパンを購入しました。
天然酵母のとっても優しいパンでした。火曜日と土曜日(金曜日は間違いです。)だけの営業
地元では有名とのことで、娘さんは岡谷からわざわざ来たと言っていました。

こんな風に偶然出会うお店って、楽しいですね。

それから今年はとうとう御神渡りができなかった諏訪湖へ。
足湯に入り、この湖を眺めてしばしまったり(*´ω`)

IMG_20170131_114310.jpg

IMG_20170131_115154.jpg

そして富士山見ながら、山梨を通り、途中ほうとうを食べてから、ゆっくりと家路に着きました。

IMG_20170131_131635.jpg

1月の出来事でした。

ありがとう。shinさん

とみうら 118_LI.jpg
        (2015年小湊鐡道の車内での一枚)

尾瀬が好きで、鳥を撮り、花と桜を追いかけ、人にやさしい、shinさんが逝ってしまった。

翌日に会う友人と打ち合わせしていた折、
「暖かくなったら、shinさんに会いに行こうね。」って、話していた。

突然よしころんさんから訃報が届いた。
あまりに突然、言葉をなくしてしまった。

前年の夏から入院生活を送っていたけれど、退院後には時々Facebookにいいねを押していて、お元気と聞いていて、私たちはセツブンソウや春の花が咲く頃に会いに行こうと、よく話していたのに・・・・

shinさん、どうしたの?誰にもさようならも告げずに、もうすぐ大好きなセツブンソウやサクラが咲くんだよ。ごめんね。遠慮してお見舞いにも行けずに。

いろいろな思いがこみ上げて、なかなかブログを更新できなかった。

今私のPCの上には、いただいたお守りの小さな桐下駄ストラップが飾ってある。
「桐の下駄は丈夫なんだよ。山に行く時に転ばないようにお守りにして」と、
わざわざご友人に頼んで作ってもらい、仲間たちに贈ってくれたね。

大切にしていますよ。ずっと山に行くときにはバックパックに下げていくよ。

ありがとう。たくさん話をしてくれて、たくさんのやさしさをくれて、
大好きな山歩き仲間だったのに。
寂しくて、悲しくて・・・

今頃はきっと愛犬のしんのすけ君と共に、大好きな尾瀬を走り回っているのかな。


ご冥福をお祈りします。



トラックバック(0)