So-net無料ブログ作成

吹上しょうぶ公園と青梅で土佐漁師飯

6月の梅雨の晴れ間に

青梅市にある吹上しょうぶ公園へ行きました。友人のsizukuさんと東青梅で待ち合わせ。

歩く道すがらに六万薬師堂にお参りして、師岡神社のシイの巨樹をみました。
ここの前を自転車で通りかかった時にしいちゃんが偶然見つけた巨樹。
それはそれは立派なシイが2本そびえています。

1.JPG

勝沼城跡があるこのあたりにはいろいろな名所旧跡があるそうですよ。
吹上しょうぶ公園も霞丘陵の一角、歴史保全地域の保全のために、造られたのだそうです。

しょうぶ園を巡ります。
ハナショウブの栽培は江戸時代から始まり、江戸系・肥後系・伊勢系に大別されているそうで、
明治以降は海外へも渡って行き、改良品種が増えたそうです。

白、紫、ピンク、黄色など園内は満開で美しく咲き誇っていました。

3.JPG

9.JPG

私の住む地域にもショウブ園はありますが、電車の車窓から見たりするだけで、済ませていましたが、じっくり見ると、ショウブは日本の美を象徴している花だなあと、とても感動しました。

すぐに名前を覚えたのはこの花。「鷹の爪」

4.JPG

これは「宿の桜」

6.JPG

レモン色のショウブもなかなか素敵「白山吹」

5.JPG


里山にある吹上ショウブ公園はのどかな場所にあり、鷹の鳴き声がどこからか聞こえてくるような静かな良いところでした。
奥には池もあって、カワセミも生息しているのだとか、ショウブが終わっても散策すると楽しそうです。

そしてショウブ公演を後にして、沢井に向かいます。
ひとつ前の軍畑で電車を降りて、ひと駅歩きます。

青梅散策はいつもこんな風に、のんびりそぞろ歩きが楽しいです。

お昼ご飯はこの素敵な建物の「さわい」さんへ。

6.JPG

高知出身の女将さんの作る漁師飯の海鮮ラーメン・しらすご飯:お煮しめ・香のもの。
とてもおいしくいただき、茶釜で沸かすお湯で丁寧にいれてくださった煎茶を飲みながら、
女将さんのお話を聞いて、可笑しくて大笑いしたり、ほろっとしたり、旅の話を聞いたりして、
あっという間に夕暮れどきになっていました。

挨拶して沢井の駅に戻り、藁葺屋根のお寺を通り抜けながら、

8.JPG

帰りの電車は奥多摩からのハイカーたちでいっぱいでした。

5時を回っていたので、途中下車せずにそのまま帰路につきました。

いつも奥多摩や青梅を案内してくれるsizukuさん、お世話様でした。
また「さわい」さんの豪快女将さんにお会いするのを楽しみにしています。

おしまい。読んでくださってありがとうございました。

パソコン壊れちゃいまして(´;ω;`)

4月の終わりに、大きなスクリーンのパソコンが壊れちゃいまして、
ブログをついさぼっておりました。

遠視の私にはノートPCは大変厳しくて、メガネも掛け慣れてないので・・・【言い訳ばかりですみません}

あっという間に季節が変わって行きました。

4月の終わりに檜枝岐に桜を見に行った時の六地蔵さん

4_1.JPG

先日の若草女子全員集合の時の六地蔵さん

にっこう。じょし 126_1.JPG

橋場のばんば(昔水難から子供を守る神様として祀られいたそうですが、今は縁結び・縁切り。そして何でも叶えてくれる万能神様。)

hidamariさんが、
「ばんばにお椀を乗せられると、願いが叶うそうだよ」と、聞いて4月の写真を見てみると
すごい数のお椀が乗っておりました。

橋場_1.JPG


女子会の日は斜めにお椀が重なっておりました。

にっこう。じょし 129_1.JPG

役場への橋の上で、皆の視線の先にはカワガラスがいました

にっこう。じょし 123_1_1.jpg


若草檜枝岐まったり散歩の集合写真は、こうして三脚で撮ってくれた
よしころんさんのブログでどうぞ
http://yoshikoronron2.blog.so-net.ne.jp/2016-06-02-1



にっこう。じょし 131_2.JPG

皆と集った檜枝岐村散歩はとても楽しかったです。

少しずつまたブログを綴って行きますので、お暇な時には寄ってみてください。