So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

今年は尾瀬ヶ原から2

山の鼻=尾瀬三又=ヨッピ橋ー東電小屋ー東電尾瀬橋へ


山の鼻から湿原に入ると、どこからか「カッコー。カッコー」と聞こえてくる。
高い木のてっぺんに止ってひと啼きするとしっぽも上下しているのが見えました。


IMG_5679 (2).JPG

水芭蕉も咲く湿原

IMG_5756.JPG

上田代の入り口にはズミの花。
sizukuさんに教わった位置のズミだね。

IMG_5854 (3).JPG

hidamariちゃんが、「水芭蕉には遅れても、これからの尾瀬は毎週、毎日。違う景色が見れる良い季節です」と、その言葉の通り、私はズミの満開の時に来たことを心の底から喜びながら、歩いています。


そしてヨッピ方面へ左折。木道も低くなって歩きやすくて、ここから花をまじかで見れる。
ミツカシワやタテヤマリンドウ・ヒメシャクナゲがたくさん。そしてもうじきぽわぽわになるワタスゲもいいなあ。


IMG_5757 (3).JPGIMG_5746 (5).JPGIMG_5769 (2).JPGIMG_5801 (2).JPG


東電小屋で少し休んで、その先の東電尾瀬橋で沼尻川の流れを見て、ここで折り返すことに。

IMG_5774 (2).JPG

IMG_5775 (2).JPG

この橋を渡ってもう少し行こうと思ったけれど、少し歩き疲れてしまいました。
帰りはヨッピ橋から竜宮へ左折しようと思ったところで、べんちにすわっていたおじさんの団体さんから、「キュウリ食べてきな~」と呼び止められ、キュウリ・梅干し・干し柿などなどをごちそうになりました。おじさんたちは秩父から来たとのこと。

なんだかshinさん(生前は秩父に住んでいらした)が会わせてくれたようでした。

いただいたキュウリも梅干しもみな自分の家で漬けたそうですが、どれもとてもおいしかったです。

塩分糖分を補給できて、元気よく竜宮へ。
そして一気に山の鼻に歩きました。尾瀬の中央通りは尾瀬学校の中学生や小学生でとてもにぎわっていて、追い抜くのも大変だったよ。



来るときには蕾だったね。シラネアオイ
今年はまだ見ていないよしころんさん、どこかで会えたらよいね。

IMG_5872 (2).JPG

初めて見た緑色の花、ルイヨウボタンの美しいこと

IMG_5876 (2).JPG


その中学生たちと追いつ追われつで鳩待峠に登ったので、結構短時間で登れたよ。

鳩待峠のべんちにちょっと挨拶。

和風さんをお見かけしたのはもう10年前になるかしら。
鳩待のベンチに腰かけていて、その穏やかな方が和風さんと後から知ることとなりました。

尾瀬を愛したshinさんと和風さん、今年のシーズンを待たずに亡くなられてしまいました。

お二人のご冥福をお祈りします。

帰りに戸倉駐車場の入り口の温泉に寄ろうと思ったら、休みでした。
おじーから「あの温泉もなかなかよいよ~」と聞いていたのに残念。

それで寄居山ほっこり温泉に立ち寄り、

帰りは車運転が”もうちかれちゃってね~”。でも放置して帰るわけ行かないから、ゆっくり安全運転で帰りました。

ズミの満開がみれてよかった今年の尾瀬ヶ原でした。

IMG_5812 (2).JPG

今年は尾瀬ヶ原から [尾瀬]

6月4週目

2週にわたり寝坊したので、出かけられずにいて、今週こそは行かないとなあ~ってことで、
夜に家出て、車をひたすら走らせ尾瀬に向かいました。

仮眠は関越道・駒寄パーキング。順調に走ってさあ寝ましょう。
それがなかなか寝付けず。(もともと寝つきが超悪い)でも眠い。すごく眠い。
そしたら、隣にトラックが停まったようだ。ずっとアイドリング。すぐに出て行かない。
うるさいなあ、エンジン音がごごごぉ~・・・・・保冷車ではないのに。

仕方ないので、車を走らせ赤城サービスエリアへ移動。
最初からここにすればよかったなあ。
大型と普通車の駐車エリアが分かれているし、静かです。

”willer"の夜行バスが休憩していたし、トイレも明るいし、休憩所も明るい。

何とか眠れた。そして5時に起きて尾瀬の戸倉へ出発
車一台も走らない田舎道をひたすら走り抜ける。
なんで昭和ICで降りたかな~。カーブばかりの山道。対向車がいなくてよかったけど、寂しい。

元気が足りない時は、IPodを大きめに掛けてみる。”ド・キ・ド・キ☆モーニング~”とかね。


戸倉第1駐車場。車少なし。定時の鳩待峠へのバスにはおじさんと私2人。
まだクマ五郎たちの朝食の時間帯、鈴慣らしながら、テンマ沢や川上川沿いを歩かないとなあ。

鳩待山荘まえで小屋の方と話していたカップルさん、バスのおじさん、私の4人で山の鼻へと歩くことになり、樹林帯をゆっくり進みます。

尾瀬は初めてのおじさん、いつもは八が岳を日帰りで登るカップル。
4人がそれぞれ花を探して、写真を撮って、花の名前を教えあって歩きます。

咲いたばかりのサンカヨウ、たくさん花をつけてます。



IMG_5599 (2).JPG

アズマシャクナゲ、ハウチワカエデの花、ウワミズザクラ、水芭蕉、白花エンレイソウ、シラネアオイ、ニリンソウ、ルイヨウボタン、ネコノメソウ、オオカメノキ、オオバキスミレ、などなど。
IMG_5636.JPGIMG_5630.JPGIMG_5638 (2).JPGIMG_5631.JPG

山の鼻に到着して、3人さんにお礼を言ってさようなら、そして私はヨッピへと歩き始めます。

続きます。

5月大岳山に登ってきました [女子会+大人の遠足]

5月
その日は朝から薄曇り [曇り]いつものように電車で御岳駅へ向かいます。


それから安曇野さんとしいちゃんと一緒にバスとケーブルで御岳山に登ります。

宿坊の多い御岳山参道、いろいろな花が咲いています。

IMG_5366.JPG


大ケヤキ
IMG_5373.JPG

ロックカーデン方面へ進み、森の中へ

奥の院は雲に覆われておりました。

IMG_5360.JPG

最初は平らな登山道もだんだんと登りになります。
新緑が美しい季節です

IMG_5423.JPG

結構ロックでハードなこんな鎖場もあるのです

IMG_5497.JPG

あら、すご、これはど根性イワウチワではなくてイワカガミ(よしころんさんありがとね。)

IMG_5461.JPG

ここは大岳神社の奥の院

IMG_5477.JPG

後山頂までもう少し、結構な急登りになりました。
山登りは秋にひとり(=ぼっち)で登った筑波山以来、息があがります

はい、とうちゃこ~大岳山の頂です

IMG_5486.JPG

どういう訳か私が登る奥多摩の山の眺望はこんな感じ。
鷹巣山でもそうでした(;^_^A

お昼はしいちゃんの手作りのお弁当をいただきました。
大好物のから揚げにポテトサラダ、安曇野さん自家農園で取れたスナップえんどう。
とてもおいしかったです。(写真撮るのを忘れて完食・・・)お見せしたかったなあ。

「鷹巣山、大岳山に登ったので、後一つ御前山に登れば、奥多摩三山に登ったことになるね。」
と、しいちゃんが教えてくれました。
次回は是非御前山へ登りたいです。

とても花が多い山で楽しかったです。が、写真がイマイチで載せられず、楽しい山歩きでした。

帰りにケーブル駅に行く途中に大きなトチノキがありました。

IMG_5545.JPG

イワウチハ(ではなくイワカガミ)がいっぱい咲いていて、うれしかったです

IMG_5501.JPG

安曇野さん、しいちゃんいつも一緒に登っていただき、ガイドをしてくださって、ありがとうございました。


春はさくら。4月はさくらだね。

4月

第一週のお休みは埼玉へ。
昨年行った寄居の鉢形城址のコヒガンザクラを見に出かけました。

IMG_4985.JPG

この桜のそばにはカタクリが咲き、そしてすみれも咲いています。

IMG_4988.JPGIMG_4989.JPG

こちらはいつも静かなお花見ができて、一緒に行った母もとても良い所だね。と喜んでくれました。

それから幸手に向かう車から、お昼を食べるところを探しいると、
うどんの看板があったので、国道から少し狭い路地に入ってみると、お店はとてもレトロな感じ。

私はうどんもりと単品のかき揚げをたのむと、熱々のたくさんエビが入ったかき揚げで、
うどんもこしがあって盛りがよくて、おつゆの味は子供の頃に食べてた懐かしくておいしいものでした。ごちそうさまでした。加須はうどんの名店が多いそうです。

次に行ったのは幸手の権現堂堤

IMG_5051.JPG

IMG_5036.JPG

こちらはまだ5分咲きくらい。人がすごかったです。
屋台もたくさん出ていて大層な賑わいでした。

4月8日は「花まつり」あいにくの雨でしたが、近所のお不動様に出掛けました。

IMG_5060.JPG

満開の桜が雨にうたれていました。

IMG_5065.JPG

2週目のお休みは雨でした。あの桜はきっと今頃満開だろうに…と悔しかったなあ。

3週目、前日は春の嵐、でも行ってみました。

わに塚です。あ~、散ってしまったね。

IMG_5176.JPG

花の命は儚いものですね。でもまたきっと来るかね。

実相寺の山門前は美しい花たち、そして鳳凰山ではなく甲斐駒ケ岳です。(よしころんさんありがとう)が遠くに見えます

IMG_5208.JPG

身延山の枝垂れ桜や岐阜の淡墨桜も

淡墨桜
IMG_5212.JPG

そして山代の神代桜はすでに葉桜でした

IMG_5223.JPG

威風堂々とした幹、樹齢1800年とも2000年とも言われています。
ずっとずっと花を咲かせてください。

保護活動をしている方から、今は真原の桜並木が見ごろと聞いて、行ってみました。

たくさんの桜が咲いていて、桜のトンネルをゆっくり車で走り抜けて、
横道に入ります。

IMG_5235.JPG


電線がにくい・・・


IMG_5227.JPG

それからもう一つ
神田の糸桜

IMG_5262.JPG

糸桜の近くの枝垂れ桜も満開

IMG_5275 (2).JPG

わに塚と神代桜は散ってしまいましたが、真原や糸桜は良い時期でした。
皆満開とはいかないものですね。

4月の桜紀行でした。

弥生3月

こんにちは。「はるか日誌」改め「月刊はるか通信」にした方がよいと思う今日この頃。
皆さまはもうすぐゴールデンなウィークで、心弾んでおられると思います。

しかし、私はまだ3月の更新。本当にすみません。

3月は確定申告に追われ、(いつもぎりぎりまで放置する私が悪いのです)出かけることができず、事務処理、仕事、合間にワォーキングの日々でした。

庭のクリスマスローズが花を付けました。去年の秋にいろはさんに教えていただき、
根分けしてみたら、葉がたくさん伸びて、花もいっぱい咲きました。

IMG_4746 (2).JPG

私の近くの小川の川岸を毎日5キロ歩きます。
お友達は皆おじいさん。花や野鳥を探しながら歩きます。
ノスリも時々見かけるような長閑なところです。

もうすぐ桜の季節、蕾もだんだんと膨らんできました。


IMG_4757.JPG



IMG_4760 (2).JPG

IMG_4767.JPG

3月末
1月に亡くなったshinさんのお宅にお線香をあげにうかがいました。

飾られた写真は尾瀬仲間のAquaさんが贈ったいちまい。

大好きな尾瀬の風に吹かれて微笑んでいて、とても素敵な写真でした。
奥様と思い出話をしてshinさんを忍びました。

それからよしころん夫妻と真理さん夫妻と別れ、安曇野さん号で思い出の場所に。

明ケ指の卵水と云う冷泉がわく渓流沿いへ

初めてshinさん、こいちゃん、しいちゃんとお会いした日に案内してくれたね。

カツラの巨樹があって、春にはその根元にたくさんのハナネコノメが咲く

IMG_4941.JPG

IMG_4818.JPG

IMG_4835.JPG

IMG_4974.JPG

雨が降っている中、傘を差しながら・・・ハナネコを撮るのは大変だわ。

「そう、あの日も雨が降っていたね」と思いながら、カツラを見上げていると
大きなタカのような鳥が飛んできて、木に停まった

「トビかな?」
大きな翼を広げて、頭の上を飛んで去って行きました。

IMG_4935.JPG

カツラに挨拶して、安曇野さんに横瀬まで送っていただき、電車に揺られて帰路に着きました。

IMG_4937 (2).JPG

よしころんご夫妻、真理さんご夫妻、安曇野さん、sizukuさん、お世話さまでした。

4月には、秩父のshinさんのお友達からいただいたサクラソウが咲き始めました。
最初に花を咲かせたのは4月14日
岩木山という種類の花

keykunさん、今年も咲きましたよ。

IMG_5345.JPG

4月も早めに更新したいです。

2月のこと NO2

皆さま、こんにちは。
今日から4月ですね。桜のほころぶ頃のこの寒さは一体どういうこと!
日課のワォーキングに行ってきたら、北風ヒューヒューでございました。

まだ2月の蓼科の旅が綴っておりませんで、急きょUPさせていただきました。

前日はピラタスでスキーしたので、翌日は観光へ。

ドラ割[信州めぐりフリーパス}2日を利用して、中央高速道路の諏訪ICから松本~更埴~長野と走り抜け、信濃町ICで降りてみました。
一番端から端まで、信濃町の隣は新潟県になります。

「高速道路を降りるとそこは雪国でした・・」っとばかりにあたりは凄い積雪で、おまけに吹雪いていました。

段々と細い山道へ・・・前を走る車はスタットレスタイヤに前輪にはチェーンまで巻いています。

凄い吹雪・・・。これで目的地までたどり着けるのか?かなり不安になった頃に、
戸隠奥社の看板がみえて、この吹雪の中を道路工事していました。
奥社へは入って行けないようでした・・・残念。

蕎麦屋さんが見えてきたので、こちらでお昼にします。

IMG_20170214_121337.jpg

大きな窓ごしからしんしんと降り続く雪をみながら、おいしい戸隠そばと天ぷらをいただきました。
こんな吹雪でも次々にお客さんが入ってきます。

IMG_20170214_124437.jpg

お店を出て次にむかったのは戸隠中社
冬の間は奥社や宝光社などの神様もこちらの中社に鎮座するそうです。

IMG_20170214_125739.jpg

雪の中社をみたかった

IMG_20170214_130024.jpg


ご神木はとても素晴らしい巨樹でした

IMG_20170214_130337.jpg

お参りする頃には雪は小降りになりました。

そばの実さんで聞いたところ、長野へ降りた方が雪は少ないというので、一般道を飯綱高原を通り、
しっかりと除雪された戸隠バードラインを下り長野市内へ。
行きもこちらから来た方が近かったし、吹雪いてもいなかったのにね・・・

小布施に行く途中善光寺山へお参りしました。

IMG_20170214_135009.jpg

IMG_20170214_140818.jpg

本堂の後ろには山が見渡せて、とても壮大なお寺です。

仲見世でおやきを買って、帰りにおやつに食べたのですが、おいしくなかったよ。。。。

善光寺を後にして、栗街道の小布施へ。目的はこれよ

IMG_20170214_153309.jpg

若草のKちゃんお勧めの「栗の木テラス」のモンブラン。
お店はとても落ち着いた洋風喫茶店でテーブルの上にはかわいいお花がありました。

IMG_20170214_153114.jpg

それからまた須坂ICから上信越道経由で帰り、ドラ割を有効に使って帰りました。

自宅へ帰ると総走行距離は800キロ。諏訪に行ったのに、家とは遠い方向へ回り道したちょっとおバカな旅で、運転手の主人は「まったく・・・」と呆れておりました。

でも雪の戸隠がとても素晴らしかったし、お蕎麦もおいしくて、お店の方はとても親切だったことが、印象に残っていて、なかなかあんなに雪深い所には行かないだろうから、よかったです。

おしまい

2月のこと

こんにちは。3月になりました。
「はるか日誌」から「月誌」にタイトルを改めた方がよいと思う今日この頃。

皆さまいかがお過ごしですか。

2月は28日、「あっ」と、いう間に過ぎたように感じます。
では2月のこといってみます。

お詫び:最近写真は全部スマホで撮っています。一眼でも下手ですので同じかな[m(_ _)m]

2月7日

尾瀬・山つながりの「若草女子会」の本当??の若草娘のKちゃんの送別会。
足利「ココファーム」へ。
http://cocowine.com/

企画してくれたよしころんさんは残念ながら欠席。
SIZUKU姉さん、ひだまりさん、おじー、私で、Kちゃんの門出を祝います。

「ココファーム」は支援学校の生徒さんたちが、急斜面を耕してブドウ栽培をはじめて、
ワイン醸造しているところです。

IMG_20170207_130719.jpg

IMG_20170207_130726.jpg

その施設にレストランができたのは、最近のことのようです。
どんなお料理かな。とても楽しみでした。

クルマできているので、ワインは飲めません。代わりにジュースを2種類。
マスカットとワイン色。とてもおいしいジュースです。

ランチプレートとローストビーフをいただきました。

IMG_20170207_121004.jpg

会話も弾んで、おしゃべりも尽きません。

お土産に買ったレーズンサンド、これまたとてもおいしかったです。

場所を移して、桐生「伊東屋」では、ケーキとコーヒーをいただきました。

IMG_20170207_161730.jpg

ゆったりしてとても素敵な喫茶店。ケーキがとてもおいしかったな。

IMG_20170207_143459.jpg

kちゃんはご主人の仕事で引っ越しします。赴任先が決定して引っ越し先を決めて、
春にはBABYがやってきます。
芯のしっかりしたKちゃんは引っ越し先で出産して、
一日でも早くにその地で友人を作り、子育てをしたいと話してくれました。

「若いっていいなあ。」その心持ちに感心するおかんたちでした。
どこに決まっても遊びに行くからね。ということで、それぞれ家路に着きました。

2月13・14日。

よしころんさんから聞いたドラ割で、信州へ。http://www.driveplaza.com/trip/drawari/
母と娘も一緒に出掛けました。

私は一日ピラタススノーリゾートで滑ってきました。

http://www.pilatus.jp/

IMG_20170213_145546.jpg

ほかはその日の宿で一日好き勝手に過ごして・・

スキーブログのゆぽさんのお勧めのピラタススノーリゾート(北横岳ロープウェイが利用できます。)

8時45分クワットリフト1番乗り、足慣らし[足]

2日前にはどさっと降ったようで、とても柔らかい圧雪。なかなか良いです。

9時20分発の北横岳ロープーウェイに乗車。7割は登山者、車窓からは山々が美しい~
どんなコースかと、じろじろ見渡しておりました。


IMG_20170213_095139.jpg

IMG_20170213_095142.jpg

初めての尾根ロングコース、崖はないかな?狭くて急ではないかな?とか不安です。
(蚤の心臓なので~)

樹林帯の尾根コースはとっても美しくて、とても素敵。

だんだんと中級斜面になり、最後に来るのが、およよ・・の急斜面でしたが、
ゆっくり転ばないように、何とか下りました。ずりずりり・・・という感じです。

ロープーウェイは20分おき、スキー・ボーダーを先に見送ると、ゲレンデはおひとり様状態。

リフトやゴンドラで後続が滑ってくるよりずっと落ち着けます。
それにこの坪庭からの尾根コースに崖はなく、カリカリではないし、狭くないので、とても滑りやすいです。(上級コースはわかりません。)

ピラタス良いゲレンデでした。

国道からの山道も早朝からしっかり除雪されていました。
平日は立ち寄り温泉も付いているし、中央道双葉SAで2000円の商品券が1700円で購入できる(^▽^)/

また是非行きたいと思いました。

2月はまだ続きます。


1月の出来事

1月は横浜へ

「あいつとは二度とやらない。絶対生きているうちはない!」
と、言っていたのに、あっさりとリユニオンしたあのバンドのライブに出かけました。

久々に大きな音を聞いて、ストレスもすっ飛びました(#^.^#)

その4日後に、今シーズン初「野沢温泉スキー場」へ

1月30日AM8時30分
野沢温泉スキー場日帰り専用駐車場は土砂降りの雨☂
ここに来くると下界はいつも雨☂・・

荷物を出しリフト券を買って、リフト一本目長坂ゲレンデ。

手袋やゴーグルがかなり雨にやられてしまった・・・防水スプレーもっとしておけばよかった。

IMG_20170130_140147.jpg

ゴンドラ途中から雨は小雪に変わったけれど視界不良。
やまびこ方面はホワイトアウト
小毛無・パラダイスで滑って、林道を下り、日影。

この繰り返し、この日はとうとう大好きなやまびこゲレは一度も滑らずに撤退。

滑り終えて、「真湯」に入ります。ラッキー、だれもいないよ。

IMG_20170130_151039.jpgIMG_20170130_145743.jpg

それから今日の宿、蓼科へ移動。
夫は一般道をいくつもの峠越えして車を走らせます。
ずっと雪が降っていて、菅平からは吹雪でした。雪道走行が好きなのだとか・・・

宿でゆっくり。しんしんと雪の降る夜でした。

「明日はきっと雪質がよいかな。」

朝、目が覚めて外に出てみると、寒くて、もうびっくりだよ。
たぶん氷点下10度くらい。
今日はピラタススノーリゾートへ行こうかと思っていましたが、辞めました。
寒すぎてめげました。

夫には「根性ないね。せっかく来たのに・・・」と、でも何を言われても、
今日は辞めます。寒すぎる。

そしてゆっくり諏訪で観光することにしました。

諏訪大社春宮

IMG_20170131_105137.jpg

夏にはこの川でちびっこたちが泳いでいたね。

IMG_20170131_105710.jpg

万治の石仏
IMG_20170131_110033.jpg

昔この石仏を使い春宮の鳥居を作ろうと、鑿を入れたところ、
血を流した。祟りを恐れて、ほかの石を使うことにして、この石仏を残すことになったそうな。

お参りの仕方は
正面を見て一礼、手を合わせる
『よろずおさまりますように』
時計回りに石仏を3回回ります。心で願いを唱えます。
そして一礼
『よろずおさまりますように』


駐車場へと戻る途中、娘さんがすっと狭い道に入って行くので、ふと見ると、

IMG_20170131_110949.jpgIMG_20170131_111036.jpg

そこには何かお店があります。
パン屋さんです。小さなパン屋さん。
名前は”pain moji”


私も6種類のパンを購入しました。
天然酵母のとっても優しいパンでした。火曜日と土曜日(金曜日は間違いです。)だけの営業
地元では有名とのことで、娘さんは岡谷からわざわざ来たと言っていました。

こんな風に偶然出会うお店って、楽しいですね。

それから今年はとうとう御神渡りができなかった諏訪湖へ。
足湯に入り、この湖を眺めてしばしまったり(*´ω`)

IMG_20170131_114310.jpg

IMG_20170131_115154.jpg

そして富士山見ながら、山梨を通り、途中ほうとうを食べてから、ゆっくりと家路に着きました。

IMG_20170131_131635.jpg

1月の出来事でした。

ありがとう。shinさん

とみうら 118_LI.jpg
        (2015年小湊鐡道の車内での一枚)

尾瀬が好きで、鳥を撮り、花と桜を追いかけ、人にやさしいshinさんが逝ってしまった。

翌日に会う友人と打ち合わせしていた折、
「暖かくなったら、shinさんに会いに行こうね。」って、話していた。

突然よしころんさんから訃報が届いた。
あまりに突然、言葉をなくしてしまった。

前年の夏から入院生活を送っていたけれど、退院後には時々Facebookにいいねを押していて、お元気と聞いていて、私たちはセツブンソウや春の花が咲く頃に会いに行こうと、よく話していたのに・・・・

shinさん、どうしたの?誰にもさようならも告げずに、もうすぐ大好きなセツブンソウやサクラが咲くんだよ。ごめんね。遠慮してお見舞いにも行けずに。

いろいろな思いがこみ上げて、なかなかブログを更新できなかった。

今私のPCの上には、いただいたお守りの小さな桐下駄ストラップが飾ってある。
「桐の下駄は丈夫なんだよ。山に行く時に転ばないようにお守りにして」と、
わざわざご友人に頼んで作ってもらい、仲間たちに贈ってくれたね。

大切にしていますよ。ずっと山に行くときにはバックパックに下げていくよ。

ありがとう。たくさん話をしてくれて、たくさんのやさしさをくれて、
大好きな山歩き仲間だったのに。
寂しくて、悲しくて・・・

今頃はきっと愛犬のしんのすけ君と共に、大好きな尾瀬を走り回っているのかな。


ご冥福をお祈りします。



トラックバック(0) 

京都丹後から福井・富山へ 海沿いの旅 NO3 [丹後・富山]

秋の旅の記録がまだ終わっていませんでした。もう季節が移り変り、年も新しくなっているのに。
進まぬブログですみません。

旅も最終日となりました。

朝6時半には宿を出発、路面電車が走る富山を後にして、
IMG_4608.jpg

この日最初に向かったのは、雨晴海岸
主人はどうしてもこの海岸からの女岩・富山湾そして立山連峰を臨むのを見たいらしいです。
はい、まったく見えません。

IMG_4613_1.JPG

能登半島側

IMG_4615.jpg

前回夏にこの海岸を訪れた時も、そしてこの日も・・・
霞が掛かっており、見ることができません。

こんな風景にいつ出逢えるのだろうかね・・・

IMG_4616.jpg

「山を見たいなら、山に登れば良いのになあ・・・・」と、思うのだけど、
山登りは絶対したくないそうで。
(雨晴海岸のライブカメラでも確認してもこの日は見えていませんでした。)

それから氷見の道の駅にちょっと寄り道して、富山から岐阜方面へ

国道156号線を走ります。結構な山道で崖下は小牧ダム。

途中に大牧温泉へ渡たる船着場がありました。
船でしか行くことができない温泉宿にはここから行くのです。

もう少し秋に深まれば、山深いこのあたりは、紅葉がきれいだろうなあ。
10月中旬ではまだ紅葉していませんでした。

そして五箇村へ。相倉集落、合掌造りの静かな里。
小さな集落を訪ねてみました

IMG_4626.jpg

IMG_4631_1.JPG

IMG_4636.jpg

IMG_4625.jpg

IMG_4624_1.JPG

歩いて回っても15分から20分程度の小さな集落でしたが、やはり雪景色が似合いそう。
白川へ行った時も夏真っ盛り、その時も雪があったらなあ・・・と、
雪深い合掌作りの里はテレビでみることにしましょう。

それから高山へ出て、ランチを食べてから、何度も来ている高山観光はせずに、奥飛騨へと車を走らせていると、乗鞍辺りから美しい紅葉の山々を見ながらうっとりしていました。

なるべく早めに帰ろうというので、奥飛騨温泉もパスして、松本から中央高速に乗り、まっすぐ
帰りました。本当はちょっと中尾や栃尾辺りに寄りたかったのですが、獣医さん預けたワンコを、
早めに迎えに行きたい気持ちが勝るのでした。

実家へ母を送りその足で獣医さんへ、ちょうど娘が会社帰りにわんこを迎えにきておりました。

まだ生後4か月のわんこを獣医さんがきちんと見ておくからと預かってくださいました。
犬は娘に抱っこされて、もう顔をピッタリ頬に押し付けて甘えていました。

全走行距離約1800キロの旅でした。

読んでくださってありがとうございました。

前の10件 | -